村上春樹 1Q84 BOOK3 発売


1q84のあらすじは読まない方がいいです。

余計な予備知識なんかなしに読んだ方が絶対に面白いから。

せっかく村上春樹の1q84 book3発売なんですから、

ぜひ真っ白な状態で読んで欲しいですね。

以下は、あらすじなんで読みたくない人は読まないでね!



1Q84 BOOK3



舞台は1984年の東京。
小説の中心人物は「青豆」というスポーツインストラクターの女性と、
「天吾」という作家志望の予備校教師。どちらも年齢は30才前後。
ふたつの物語が章ごとに交互に語られるスタイルです。

「ふかえり」という少女の書いた小説「空気さなぎ」をリライトし、
文学新人賞を授賞させることを企む天吾。
インストラクターとしての表の顔のほかに、
性と暴力の裏の顔を持つ青豆。
やがて、ある出来事をきっかけとして、
1984年の世界は1Q84の世界へと姿を変えていきます・・・・・・。
posted by 恋人と熊本温泉旅行 at | オススメ書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。