阿蘇の野焼き


 阿蘇の山には草原が多く、草原の草は、春から夏にかけての放牧の牛馬や、冬の間の飼料の為の干し草の原料になります。阿蘇のすばらしい草原は自然に生まれたものではありません。何百年もの間、人々が野焼きを行って人工的に作ってきたものだそうです。

 野焼きによってダニなど人畜に有害な虫を駆除するとともに、牛馬の餌の草を育てています。野焼きをやめると木が生い茂り草原はなくなるとのことです。草原の美しさは野焼きによって保たれているそうです。

06noyaki1.jpg



野焼きは早春の阿蘇路風物詩ともなっております。春の彼岸ごろ、風のおだやかな日を選んで冬枯れの原野に火がつけられると、火は風をおこし勢いを得て一面に燃え広がります。外輪山や中央火口丘の至るところに炎が走り、見る間に大地を焦がしていく様は壮観。炎のスピードがこれほど速いものとは!

最近では、野焼きの人手が不足し、野焼きの面積が狭くなってきているそうです。ある地区では、ボランティア等を募っているそうですよ。

3月の阿蘇へぜひ訪ねてみてください。
【阿蘇山の最新記事】
posted by 恋人と熊本温泉旅行 at | 阿蘇山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。